アンカー施工方法を格段に改善するSAFESET工法

さらに確実に、効率的に。あなたの現場のアンカー施工作業を改善します。

SafeSet工法によるアンカー施工

Safesetはあと施工アンカー、あと施工鉄筋定着アプリケーションに最適なヒルティ独自のシステムです。

このシステンにより、アンカー施工不良のリスクを最小限に抑え、アンカーの性能を最大限に発揮させることができます。あと施工アンカーや鉄筋定着の施工をスピードアップし、安全性と信頼性を向上させるよう設計されています。

SafeSetに使われるヒルティ製品は、すべて欧州の認証を取得しており、システムとしてアンカー打設作業を効率化します。

 



技術者に質問する

ハンマードリル穿孔

穿孔と同時に孔内を清掃

ホロードリルビットを使って、1作業工程を省略

ホロードリルビットTE-CD (SDSプラス)または TE-YD (SDSマックス)をバキュームクリーナーVC20またはVC40に接続してご使用頂くと、穿孔と同時に集じんを行い、孔内を清掃する6工程が不要となります。



穿孔したらすぐに、接着系アンカーを注入し、アンカー打設が可能です。

穿孔後の孔内清掃は不要

接着系アンカーを注入し、アンカーボルトを差し込むだけ

もう孔内清掃の工程は不要です。

穿孔後、接着系アンカーHIT-HY 200を注入し、HIT-Z anchorを差し込むだけです。

コーン形状のらせんが付着強度を向上させます。この形状により、HIT-Zアンカーボルトは清掃していない孔の影響を受けません。

SafeSet工法と従来工法の違い

1 / 1
ホロードリルビットで自動孔内清掃

ダイヤモンド穿孔

施工時間を短縮し、付着強度を向上

目荒らしツールで、付着強度を向上

TE-YRT目荒らしツールは、エポキシ樹脂とコンクリートの間に必要な付着強度を実現するため、ダイヤモンド穿孔内の目荒らし用に開発されました。

ダイヤモンド穿孔での付着強度をハンマードリル穿孔の物と同等に向上するるだけでなく、ユーロコード2で要求される最低埋め込み深さの逓倍係数を1.0に減少させます。

目荒らしツールは、HIT-RE 500 V3と合わせてご使用いただくことができ、ダイヤモンド穿孔において、孔内清掃の時間を省き、30%の時間短縮を実現します。

 

ダイヤモンド穿孔目荒らしあり/なし

コア穿孔から打設

SefeSetシステム

あと施工アンカーとあと施工鉄筋定着のための、シンプルで信頼性の高い施工方法です。穿孔方法を問わず、あなたの現場でお使いいただけるSafeSetソリューションをご用意しています。

さらに詳細

あと施工鉄筋施工ソリューション

SafeSetはさらに確実、かつ効率的なあと施工鉄筋定着施工を実現します。

さらに詳細

是非SafeSetをご活用ください。