ヒルティの企業責任

ヒルティの企業責任

責任感を高めるヒルティの価値観

1941年にマーティン・ヒルティにより設立されたときから、企業責任はヒルティ文化の一つであり、私たちがビジネスをする上で必要不可欠なものです。

決意と価値観

より良い未来の構築

私たちの行動はすべて、より良い未来の構築に繋がっていきます。これは、私たちが革新性が高く、配慮の効いたノウハウを使って、お客様が短期間に、安全に建設を行うことをサポートするという意味です。ヒルティが世界における多くのプロジェクトをサポートしてきた事実を誇りに思います。

私たちは、すべての社員が評価され、成長の機会を得て、キャリア構築ができるような会社を築いていきたいと考えています。
また、お客様、ビジネスパートナー、サプライヤーとも、オープンでお互いを信頼する良好な関係を構築してまいります。
さらに、私たちは社会貢献や、環境配慮の重要性を信じています。それは、適性価格の住宅の建築、災害救助への参加、そして、近隣の掃除など、現実的な手段として、あらゆる方法で実行します。

私たちは、最先端の技術を産みだしていきたいと考えています。それは、お客様が安全で、効率よく、感動を産む建設を行うためのサポートをするためです。

ヒルティの企業責任への取り組み

企業責任への取り組み

責任感を高めるヒルティの価値観

ヒルティは、常に倫理を重んじ、長期的な視野のもと行動しています。私たちは、社員やお客様、ビジネスパートナー、サプライヤーに対して責任を持って行動するのと同じように、環境や社会にも責任を持って行動します。 

何故なら、責任と長期的な成功は、重要な両輪であると信じているからです。 

ヒルティにおいて、責任とは文化に深く浸透したものであり、30,000人の社員が世界中のいたるところで、責任を持って行動しています。

ヒルティの価値観 – 誠実、勇気、チームワーク、コミットメント – は、社内における協力体制のみならず、社外のパートナーとの働き方をも定義するものです。 

Champion 2020 Hilti Strategy

企業戦略- チャンピオン 2020

私たちは喜びあふれる顧客の創造に情熱を注ぎ、より良い未来を築きます

このミッションは、私たちヒルティ社員の周りの人々、つまりお客様、従業員、パートナーと一緒に成長するという信念に基づいています。個人的な交流と、休むことなく改善し、より良くなることへの願望により、私たちは世界クラスの製品、システム、ソフトウェア、サービスを提供できる立場にあります。

当社の戦略的目標は、市場のリーダーシップと差別化による持続可能な価値の創造です。相対的市場シェアの面での市場のリーダーシップ、および当社のポートフォリオの直販体制による差別化。私たちは、2020年以降も近年の成功を収め、4つの実証済みの戦略的活動分野を強調します。

私たちは継続的なイノベーションに投資しています。その際、当社は引き続き、企業戦略の中核である建設業界のお客様への直接アクセスとパートナーシップを信頼していきます。すべてのプロセスにおける優れた運用は、お客様の成功を確実にし、市場での主導的地位を確立するのに役立ちます。 30,000人の従業員を擁するパフォーマンスの高いグローバルチームは、これらの目標を達成するために日々熱心に取り組んでいます。

社会的責任

より良い未来の創造

Hilti volunteers at Habitat for Humanity

ヒルティでは、起業家精神と社会的貢献は常に連携するものだと考えています。
これは、創業者のマーティン・ヒルティとヒルティ家による個人的なコミットメントから始まり、ヒルティの歴史を通して常に維持されてきた信念です。
私たちは、今や世界中に120か国以上あるすべての拠点において、社会貢献のための活動を支援しています。 
私たちはすべての人により良い未来を作ってほしいと願っており、継続的かつ現実的に、人々の生活レベルが向上されるよう、支援を行っています。 

  • 寄付と支援
    私たちは、非営利団体やプロジェクトを支援し、社会的・文化的共存をサポートしています。
    特に、教育、科学、文化、芸術に加え、社会的な課題に注力しています。
  • ヒルティ社員のコミットメント
    ヒルティの社員は、建物の改修、庭園のレイアウト、公園の工事など、さまざまな地域のボランティアプロジェクトに関わっています。このような取り組みは、私たちを取り巻く世界をより良いものとしてくれるでしょう。
    それだけではありません。台風などの緊急事態や大災害の際、ヒルティの社員は、現金や必要物資を寄付するだけでなく、実際に現地へ出向いて手助けをする事もあります。

これらの取り組みはすべて、ヒルティ財団と密接に協力しながら、各国のヒルティにより率先して行われています。 

コンプライアンスと企業倫理

ヒルティでは、すべての社員が、法律・倫理にかなった行動をし、ビジネス倫理としてコンプライアンスに則り、公正な競争を行います。私たちの事業活動は、世界のどの地域においても、常に誠実、信頼性、一貫性をもとに行われています。

これは、お客様、サプライヤー、パートナーなど、ヒルティの全てのステークホルダーとの信頼関係において重要な基盤になっています。

Partnership against corruption

汚職に対抗する国際的なパートナーシップ

私たちは、汚職に対する主要な国際的イニシアチブに参加しています。それだけにとどまらず、社会的、環境的な基準を維持するため、汚職や賄賂に対して一貫して反対しています

  • 汚職防止への連携 
    ヒルティは、2004年にスイスのダボスにおける世界経済フォーラムで、汚職の撲滅を目指す反汚職パートナーイニシアチブに署名しました。ここでは世界中の建設業界において、汚職防止策を導入することを目指しています。これにより、ヒルティでは、贈収賄に対して、全く不寛容であることを示しています。
  • 国連グローバル・コンパクト
    2006年に私たちはまた、汚職に対する明確な反対姿勢を示す国連グローバル・コンパクトに参加しました。この国際的な合意は、国連の支援のもと、社会的、環境的な基準を維持することを企業に義務付けています。

ヒルティの行動規範

ヒルティでは、社員全員に対して、常に法律とヒルティの行動規範に従って行動するように求めています。ヒルティの行動規範では、私たちの働き方を定めると同時に、それがヒルティのビジネス上、重要な部分であることを説明しています。そして、すべての社員がトレーニングを受け、コンプライアンスを理解しています。

サプライヤー行動規範

ヒルティでは、サプライヤーの皆様に対しても、人権、労働者の権利、労働安全、環境保護の分野で、常に基本的な条件を維持して頂くようご理解を頂くと同時に、汚職を行わないことを宣誓していただいています。ヒルティが求めるサプライヤー行動規範は、適用される国や国際法の基準より厳しいものであったとしても、必須の条件としています。また、この行動規範が遵守されているか、監査などを通して定期的に実施状況を確認させていただいています。 

ヒルティでは、サプライヤーの皆様から当社のコンプライアンス違反に関する懸念のご報告を受け付けています。コンプライアンスホットライン「スピークアップ」(SpeakUp)により、匿名で報告することも選択できます。