カートに追加されました
カートに追加されました
カートに進む
言語

Hilti Li-Ion Akku

安全と用途に関する注意事項

安全と用途に関する注意事項

本書において「バッテリー」という用語は、その内部に複数の結合されたリチウムイオンセルを収納している再充電が可能な Hilti 製 Li-Ion バッテリーを指します。バッテリーは Hilti 製電動工具専用で、それ以外の用途には使用できません。必ず純正の Hilti 製バッテリーを使用してください!
Hilti 製バッテリーは、利用可能な最善の技術、セルマネージメントおよびセル保護システムを採用しています。

製品の説明

このバッテリーは、高い規定のエネルギー密度を可能にするリチウムイオン吸蔵材料を含むセルで構成されています。Li-Ion バッテリーは NiMH(ニッケル・水素)および NiCd(ニッケル・カドミウム)バッテリーと異なりメモリー効果がきわめて低いのですが、衝撃、深放電あるいは高温の影響を非常に受けやすくなっています。 安全について を参照してください。
弊社のバッテリー用に許可された製品については、最寄りの Hilti Store あるいは
www.hilti.group | USA: www.hilti.com でご確認ください。

安全について

警告
誤った使用による危険! バッテリーは損傷することがあります。
  • 健康に重大な悪影響を及ぼす危険のある損傷やバッテリー液の漏出を防止するために、バッテリーは慎重に取り扱ってください。Li-Ion バッテリーの安全な取扱いと使用のために、以下の安全上の注意点を遵守してください。これを守らないと、皮膚の炎症、重篤な腐食負傷、化学火傷、火災あるいは爆発の原因となることがあります。
  • バッテリーは決して改造したり手を加えたりしないでください!
  • リサイクルあるいは修理を施されたバッテリーは、Hilti サービスセンターが許可したものでない場合には決して使用しないでください。
  • 衝撃を受けたことのあるバッテリー、1 m を超える高さから落下したことのあるバッテリー、あるいはその他の損傷を被っているバッテリーを使用あるいは充電しないでください。バッテリーに圧挫、切傷、刺傷などの損傷の痕跡がないか、定期的に点検してください。
  • バッテリーまたはバッテリー式電動工具は、決して打撃工具として使用しないでください。
  • 漏出したバッテリー液が目および皮膚に触れることのないようにしてください!
  • バッテリーが損傷した場合の対処 を参照してください。
  • 故障したバッテリーからはバッテリー液が漏出し、その周囲にある物体を濡らすことがあります。バッテリー液で濡れた物体は温かい石鹸水で洗浄し、損傷したバッテリーを交換してください。
  • バッテリーが損傷した場合の対処 を参照してください。
  • バッテリーは、決して高温、火花の発生、裸火に曝さないでください。これらのことは、爆発の原因となることがあります。
  • バッテリーの電極に、指、工具、装身具あるいはその他の金属性の物体で触れないようにしてください。これらのことは、短絡、感電、火傷あるいは爆発の原因となることがあります。
  • バッテリーを雨や湿気から保護してください。バッテリー内に湿気が入り込むと、短絡、感電、火傷あるいは爆発の原因となることがあります。
  • 必ずご使用のバッテリータイプ用に指定された充電器と電動工具を使用してください。これについては、充電器や電動工具の取扱説明書の記述を確認してください。
  • バッテリーは、可燃性の液体あるいは気体のある爆発の可能性がある場所で保管あるいは使用しないでください。そのような条件下では、バッテリーの予期しない不具合が爆発の原因となることがあります。

バッテリーが損傷した場合の対処

  • バッテリーが損傷した場合は、必ず最寄りの Hilti サービスセンターにご連絡ください。
  • バッテリー液が漏出している場合は、目および/または皮膚とバッテリー液との直接接触を防止するために保護メガネおよび保護手袋を着用してください。
  • 故障したバッテリーは可燃性の容器内に置かず、乾燥した砂、石灰粉(CaCO3)あるいはケイ酸塩(バーミキュライト)を被せます。続いてカバーを空気が入らないように閉じ、容器を可燃性の気体、液体、物体から遠ざけて保管します。
  • 容器の廃棄は、最寄りの Hilti Store あるいは適切な廃棄物処理業者に依頼してください。損傷したバッテリーを送付しないでください!
  • 漏出したバッテリー液を取り除くには、そのための許可を得ている化学洗浄剤を使用してください。

バッテリーが機能しなくなった場合の対処

警告
誤った使用による危険! バッテリーは損傷することがあります。
  • 健康に重大な悪影響を及ぼす危険のある損傷やバッテリー液の漏出を防止するために、バッテリーは慎重に取り扱ってください。Li-Ion バッテリーの安全な取扱いと使用のために、以下の安全上の注意点を遵守してください。これを守らないと、皮膚の炎症、重篤な腐食負傷、化学火傷、火災あるいは爆発の原因となることがあります。
  • 正常ではない充電あるいは異常に長い充電時間、感知できるほどの出力低下、通常ではない LED 動作、あるいはバッテリー液の漏出などのバッテリーの異常動作に注意してください。これらは、バッテリー内部に問題があることを示唆しています。
  • バッテリー内部に問題があることが疑われる場合は、最寄りの Hilti サービスセンターにご連絡ください。
  • バッテリーが機能しない場合、バッテリーの充電が不可能な場合、あるいはバッテリー液が漏出する場合は、上記の要領でバッテリーを廃棄する必要があります。
  • バッテリーが損傷した場合の対処 を参照してください。

バッテリー火災の際の処置

警告
バッテリー火災による危険! 燃えているバッテリーは、腐食負傷、火傷あるいは爆発の原因となることがある、(爆発の危険も伴った)危険な液体と揮発性ガスを放出します。
  • バッテリー火災を消火する際は、個人保護用具を着用してください。
  • 危険なガスおよび爆発の危険があるガスを逃がすために、充分な換気を確保します。
  • 煙の発生が著しい場合には、直ちにその場を離れてください。
  • 気管に刺激痛のある場合は医師に相談してください。
  • バッテリー火災の消火には水以外のものは使用しないでください。粉末消火器や消火ブランケットは Li-Ion バッテリーには効果がありません。延焼領域については、通常の消火剤で対応できます。
  • 大量の損傷している、燃えている、あるいはバッテリー液の漏出しているバッテリーを移動させないでください。火の燃え移っていない物体をバッテリー周辺から遠ざけることで、燃えているバッテリーを周囲から隔離します。利用できる資材により火災を消火することができない場合は、最寄りの消防署に連絡してください。
1 個のバッテリーが燃えている場合:
  • 燃えているバッテリーをシャベルなどに乗せて水の入ったバケツに入れます。冷却効果により、まだ発火の危険がある温度に達していないバッテリーセルへの延焼が低減されます。
  • バッテリーが完全に冷却されるまで待ちます。
  • バッテリーが損傷した場合の対処 を参照してください。

輸送および保管について

  • 周囲温度:-17°C...+60°C / 1°F...140°F
  • 保管温度:-20°C...+40°C / -4°F...104°F
  • バッテリーは充電器内で保管しないでください。使用後は、バッテリーと充電器は必ず分離してください。
  • バッテリーはできるだけ涼しくて乾燥した場所に保管してください。涼しい場所での保管はバッテリーの作動時間を長くします。
  • バッテリーは郵送しないでください。損傷していないバッテリーを送付する場合は、運送業者を手配してください。
  • バッテリーは決して梱包しない状態で輸送しないでください。輸送中のバッテリーは、他のバッテリー電極と接触して短絡の原因となることを防ぐために、過大な衝撃や振動から保護し、あらゆる導電性の物体あるいは他のバッテリーから隔離する必要があります。

手入れと保守および廃棄

  • バッテリーは清潔に保ち、オイルやグリスで汚さないようにしてください。そのような汚れは清潔な乾いた布で取り除いてください。
  • バッテリーは、決して通気溝が覆われた状態で使用しないでください。通気溝を柔らかいブラシを使用して慎重に掃除してください。
  • 内部に異物が入らないようにしてください。
  • バッテリーに不要な粉じんあるいは汚れが付着しないようにしてください。バッテリーは、柔らかい刷毛、あるいは清潔な乾いた布で清掃してください。
  • バッテリー内に湿気が入り込まないようにしてください。バッテリー内に湿気が入り込んだ場合は、そのバッテリーは損傷したものとして取り扱い、不燃性の容器に入れて隔離してください。
  • バッテリーが損傷した場合の対処 を参照してください。
  • 誤った方法で廃棄すると、漏出するガスあるいはバッテリー液により健康を損なう危険があります。バッテリーの廃棄は、最寄りの Hilti Store あるいは適切な廃棄物処理業者に依頼してください。損傷したバッテリーを送付しないでください!
  • バッテリーは一般ゴミに混入させてはなりません。
  • バッテリーは子供が手を触れることのないように廃棄してください。短絡を防止するために接続部を非導電性のもので覆ってください。
お問い合わせ
お問い合わせ