コンクリートアンカー施工における品質確認

固有のIDによりすべてのアンカーをトレーサブルに

従来、文書化は多くの事務作業を意味していました。まるですべてのコンクリートアンカー、ネジ、ボルトを手作業で施工するかのような文書化作業。このマニュアルで非効率なプロセスに辟易していたら、Hiltiはより高速な代替手段にあプグレードするお手伝いができます。すべてのファスナーに印刷された固有のIDを使用すると、スマートフォンで写真を撮るだけで、設計の適合性を確認することができます。Hiltiのトレースファスト技術は信頼性の高い識別を提供します。すべてのファスナーに付いている固有なIDは、ファスナーをその起源に遡ってトレーサブルにします。それは製品番号、バッチ番号、シリアル番号を含んでいます。

スマートフォンでヒルティアンカーをスキャンする作業員

アンカー施工の識別と文書化が簡単になりました

データマトリクスコード付きヒルティHDA拡底式アンカー

全てのファスナーをトレーサブルに

データマトリクスコード(DMC)によりすべてのファスナーが一意に識別できトレーサブルになります。DMCは、使用方法、認証、技術データなどすべての関連情報を含む固有なIDを公開します。25桁のIDにはバッチ番号と製品番号も含まれているため、ファスナーの製造元まで遡って追跡することができます。 DMCのIDをスマートフォンでスキャンしてみてください。

データマトリクスコードを備えたHDAアンカーとベースプレート

何が施工されたかを識別

指定されたファスナーが取り付けられているかどうかを確認できていますか?ヒルティ・コネクトアプリを使用して、正しいファスナーが取り付けられているかどうかを確認してください。ファスナーを迅速に識別できるこの機能により、施工品質を文書化したり、特定の情報にアクセスしたり、または単に施工を確認するための効率的な方法を提供します。 

標準化された文書化プロセス

標準化されたドキュメント

プロジェクトの文書化はますます重要になりますが、標準的なプロセスがないため、時間と複雑さが伴います。トレーサブルファスナーは、マニュアル作業で行われていた文書化プロセスのデジタル化を可能にします。(近日中にアプリをリリースします)

HDAおよびHSL4重量アンカーでご利用いただけます

疲労、耐火、原子力用途向けに国際的な認証を得た重量アンカー- 優れた性能と信頼性をもつよう設計されています。アンカーに記載されているコードにより、全ての関連情報にアクセスすることが出来ま: IFU、マニュアル、技術データ、認証。ヒルティ・コネクトでコードをスキャンするだけです。

データマトリクスコードを示すHDAアンカー

トレースファストを採用したHDA拡底式アンカー

HDA拡底式アンカーを購入
HSL4

トレースファストを採用したHSL4重量アンカー

HSL4重量アンカーを購入

ファスナー識別をするためにヒルティ・コネクトを取得する

その他の技術資料

詳細はこちら

PROFISエンジニアリング

ヒルティのクラウドベースの案かー設計ソフトウェアは、自動で高度な計算、簡単な指定、統合されたBIMモデリングを可能にし、生産性の向上と価値の向上をサポートします。

PROFISエンジニアリングを使用する
Ask Hilti

Ask Hilti

Ask Hiltiは、設計者・技術者の方に、専門家による技術的なアドバイスを提供するオンラインコミュニティです。

Ask Hiltiであなたの質問にお答えします。
あらゆる用途に対応するコンクリートアンカー

あらゆる用途に対応するコンクリートアンカー

コンクリート、石材用の接着系・金属系アンカー

詳細はこちら