言語

HAT 28

オリジナル取扱説明書

文書について

本書について

  • ご使用前に本書をすべてお読みください。このことは、安全な作業と問題のない取扱いのための前提条件となります。
  • 本書および製品に記載されている安全上の注意と警告表示に注意してください。
  • 取扱説明書は常に製品とともに保管し、他の人が使用する場合には、製品と取扱説明書を一緒にお渡しください。

記号の説明

警告表示

警告表示は製品の取扱いにおける危険について警告するものです。以下の注意喚起語が使用されています:
危険
危険
  • この表記は、重傷あるいは死亡事故につながる危険性がある場合に注意を促すために使われます。
警告
警告
  • この表記は、重傷あるいは死亡事故につながる可能性がある場合に注意を促すために使われます。
注意
注意
  • この表記は、身体の負傷あるいは物財の損傷が発生する可能性がある場合に使われます。

本書の記号

本書では、以下の記号が使用されています:
Image alternative 使用前に取扱説明書をお読みください
Image alternative 本製品を効率良く取り扱うための注意事項や役に立つ情報
Image alternative リサイクル可能な部品の取扱い
Image alternative 工具およびバッテリーを一般ゴミとして廃棄してはなりません

図中の記号

図中では以下の記号が使用されています:
Image alternative この数字は本取扱説明書冒頭にある該当図を示しています
Image alternative 付番は図中の作業手順の順序に対応していて、本文の作業手順とは一致しない場合があります
Image alternative 概要図 には項目番号が付されていて、製品概要 セクションの凡例の番号に対応しています
Image alternative この記号は、製品の取扱いの際に特に注意が必要なことを示しています。

製品により異なる記号

製品に表示されている記号

製品には以下の記号が使用されている場合があります:
Image alternative 保護ヘルメットを着用してください
Image alternative アイシールドを着用してください
Image alternative 保護手袋を着用してください

製品情報

Image alternative 製品はプロ仕様で製作されており、その使用、保守、修理を行うのは、認定を受けトレーニングされた人のみに限ります。これらの人は、遭遇し得る危険に関する情報を入手していなければなりません。製品およびアクセサリーの使用法を知らない者による誤使用、あるいは規定外の使用は危険です。
機種名および製造番号は銘板に表示されています。
  • 製造番号を以下の表に書き写しておいてください。ヒルティ代理店やサービスセンターへお問い合わせの際には、製品データが必要になります。
    製品データ
    引抜試験装置
    HAT 28
    製品世代
    01
    製造番号

安全

安全上の注意

基本的な安全注意事項 Image alternative 警告事項! 安全上の注意および指示事項をすべてお読みください。 安全上の注意および指示事項に従わない場合、装置の損傷および/または重度の負傷の原因となることがあります。
安全上の注意および指示事項が書かれた説明書はすべて大切に保管してください。
作業場の安全確保
  • 作業場は清潔に保ち、十分に明るくしてください。ちらかった暗い場所での作業は事故の原因となります。
  • 作業保護具および保護メガネを常に着用してください。
  • 屋外での作業の場合は、ゴム製の保護手袋および滑り止めのついた履き物の着用をお薦めします。
  • 本体は子供の手の届かない所に置いてください。作業場には関係者以外の人を立ち入らせないでください。
  • 壁面あるいは天井での作業の際は、作業領域周囲の安全確保に注意してください。落下するコンポーネントまたは工具は、重傷事故の原因となることがあります。
  • 作業中は不安定な姿勢をとらないでください。足元を確かにし、常にバランスを保ちながら作業してください。これにより、万一本製品が異常状況に陥った場合にも、適切な対応が可能となります。
  • 梯子上で作業してはなりません。
一般的な安全対策
  • 本製品、アクセサリー、先端工具などは、これらの指示に従って使用してください。その際には、作業環境および用途についても注意してください。指定された用途以外に本体を使用すると危険な状況をまねく恐れがあります。
  • 怪我の可能性を防ぐため、必ず Hilti 純正のアクセサリーや先端工具のみを使用してください。
使用者に留意して頂くこと
  • 取扱説明書の「手入れと保守」に記載されている注意事項に従ってください。
  • 本体は決して加工や改造を加えないでください。
  • 当本体はプロ仕様で製作されています。本体の使用、保守、修理を行うのは、認定、訓練された人のみに限ります。これらの人は、遭遇し得る危険に関する情報を入手していなければなりません。
  • 作業に集中できない場合は、本体を使用しないでください。

製品の説明

製品概要

Image alternative
  1. グリップ
  2. クランクハンドル
  3. クラッチ部
  4. 圧力ゲージ
  5. テスターハウジング
  6. 負荷分配ブリッジ
  7. 旋回フット
  8. アダプター X-IE
  9. スリット付きボタンアダプター
  10. ネジ付きボタンアダプター
  11. 足場アンカーアダプター
  12. インサートアダプター
  13. ネジ付きロッドアダプター
  14. ネジ付きロッド脚部
  15. ジョー

正しい使用

本書で説明している製品は、ファスニングの試験に特化したシステムです。この製品は、ファスニングに作用する負荷を直接測定して圧力ゲージに表示する油圧式ロードセルを介して作動する機械式スクリュージャッキにより構成されています。

HAT 28 には様々な装備パッケージがあります。これらのパッケージは、おおむね小さなあるいは中程度のファスニングのテスト用の構成となっています。

本体標準セット構成品

引抜試験装置、取扱説明書
その他のご使用の製品用に許可されたシステム製品については、弊社営業担当または Hilti Store にお問い合わせいただくか、あるいは www.hilti.group でご確認ください:

製品仕様


HAT 28 DX
HAT 28 M
HAT 28 S/SR
HAT 28 E
最大ストローク長
50 mm
50 mm
50 mm
50 mm
ストローク長を示すゲージ
mm
mm
mm
mm
ハウジング
アルミニウム
アルミニウム
アルミニウム
アルミニウム
重量(負荷分配ブリッジなし)
2.5 kg
2.5 kg
2.5 kg
2.5 kg
重量(負荷分配ブリッジ付き)
·/·
4 kg
4 kg
4.5 kg
負荷分配ブリッジの有効スパン
40 mm
118 mm
118 mm
207 mm
点検負荷
圧力ゲージ 1
0 kN …5 kN
0 kN …5 kN
0 kN …20 kN
0 kN …30 kN
圧力ゲージ 2
·/·
0 kN …25 kN
·/·
·/·
作動時の周囲温度
−17 ℃ …60 ℃
−17 ℃ …60 ℃
−17 ℃ …60 ℃
−17 ℃ …60 ℃
保管温度
−20 ℃ …70 ℃
−20 ℃ …70 ℃
−20 ℃ …70 ℃
−20 ℃ …70 ℃

ご使用方法

基本的なテスト手順

以下では、一般的に適用可能なテスト手順について説明しています

Image alternative
  1. 負荷分配ブリッジは既に点検装置に取り付けれれています。HAP 2.5 テストには HAP 2.5 負荷分配ブリッジを取り付けてください。このブリッジの固定には長いネジ(40 mm)が使用されていることを確認してください。
  2. 適切なアダプターをテストするファスニングに取り付けます。
    • (1)
      直接取り付けるアダプターの使用
    • (2)
      スペーサー付きボタンアダプターの使用
  3. アプリケーション 1 の場合は、アダプターをブリッジを通してガイドし、ヘッドをテスト装置のジョーの中央にかけます。
  4. アプリケーション 2 の場合は、スペーサーをボタンアダプターへとスライドさせます。スペーサーのヘッドをブリッジを通してガイドし、ヘッドをテスト装置のジョーの中央にかけます。
  5. テスターを回して、圧力ゲージを快適に読み取れるようにします。
  6. ネジ脚の長さを調整して、3 本のすべてのネジが母材と接触し、引抜き動作がファスニングの軸方向、およびネジ脚に対して平行になるようにしてください。
    テスター上部の配置が正しくないと、テスト装置を損傷してしまいます。
    引抜きテストの際は、張力がクランクハンドルを介してのみ作用することを確認してください。
    ネジ脚を介して負荷を加えるのは誤った使用方法で、テスト装置の損傷、またはテスト結果が正しくないことの原因となることがあります。
  7. 圧力ゲージの赤い指針をゼロの位置にしてください。クランクハンドルを時計方向に回してファスニングに作用す負荷を強めている間、引抜試験装置をグリップで保持してください。
    ファスニングに負荷がかかっている間は、引抜試験装置から手を放さないでください。ファスニングへの負荷が強まったなら、引抜試験装置のストローク長表示に注意してください。ファスニングが機能しなくなっていることの兆候は、ストローク長の目盛りの現在の値と最初に測定した値との比較により確認できます。
  8. 必要な最小負荷に達するまで負荷を強めます。
  9. ファスニングに作用する負荷を緩めるには、クランクハンドルを反時計方向に回し、元の状態になるまで押し下げます。
  10. 引抜試験装置とアダプターを取り外します。

スペーサーの使用

Image alternative
スペーサーは、ボタンアダプター(ネジ付き (A) あるいはスリット付き (B) )とともに、あるいは直径 16 mm のファスニングの直接テスト(ボタンアダプターなし)に使用できます。スペーサーは、円筒部品と M12 アダプターが取り付けられた M12 ネジ付きロッドで構成されています。円筒部品には、テスト対象のファスニングにあるアダプターを取り付けるスロットがあります。
スペーサーを使用する際は、その都度いずれかの負荷分配ブリッジが必要になります。
例外的な場合(例:鋼材へのファスニング(X- CRM))、アダプター(M4、M5、M6、M8、M10、M12)を使用して、スペーサーなしでテストすることもできます。
その場合の手順は、以下のアダプター(M12、M16、M20)のセクションの説明に同じです。
しかしながら希望の結果を得るためには、アダプターを取り付ける前にファスニングが正しく打鋲されていることが必ず必要になります。

ネジアダプター(M4、M5、M6、M10、M12)の使用

Image alternative
ネジヘッド付きファスニング(例:貫通アンカー、スタッドピン)の点検用。
一般に M16 ナットまたはネジヘッドは、ネジ付きボタンアダプターを必要とせずに直接ジョー脚部に適合します。例外的な場合(例:鋼材への X CRM 接続)、テスターをネジアダプター M4、M5、M6、M8、M10 または M12 とともにスペーサーあるいは負荷分配ブリッジなしで使用できます。測定機器をブリッジに固定している 3 mm ネジを取り外して、測定機器をブリッジから取り外します。アダプターをファスニングの突出しているネジに取り付け、試験測定機器のジョー脚部をネジ付きボタンアダプターのフランジ下にネジ止めします。
ネジの突出が十分な場合は、ファスナーを取り外さずにファスニングを試験することができます。しかしながらこの場合には、ファスナーに起因するファスニングへの負荷(例:自重)を考慮する必要があります。なぜなら、この負荷は引抜試験装置によりファスニングへの負荷に作用し、ファスニングに失敗する可能性が高くなるからです。
アダプターの取付けの際は、アダプターとネジヘッドとの接続が確実であることを確認してください。

スリット付きインサートアダプター(4.5 mm、5.5 mm、6.5 mm、8.5 mm、10.5 mm、12.5 mm)の使用

Image alternative
ボルト本体との接続を構築する必要があるファスニングの点検用。
ファスニングは、取付けの際に規定されているトルクが維持されている場合に限り、希望の/必要な負荷値に達します。6 スリットボタンアダプターは、直径 4... 12 mm のファスニングの試験に適しています。
これらのアダプターは、固定エレメントに代えてファスニングのボルトヘッドの下に配置します。これらのアダプターは、スリーブアンカーの試験にも使用できます。しかしそのためには、アンカーを適切に打鋲した後再び少し緩めて、アダプターを配置できるようにする必要があります。アンカーは再び固定した後、テストすることができます。
しかしながらこの方法は、アンカーを緩めることでその負荷値が低下する可能性があるためお勧めできません。
アダプターを起伏のある母材により損傷しないように注意してください。このため、アダプターと母材の間に大きなシムまたは鋼板を敷くことをお勧めします。

ネジ付きロッドアダプター(M5、M6、M8、M10)の使用

Image alternative
M5 および M6 向けアダプターは、主にレンガの接続具の試験に使用します。
M5 ... M10 アダプターは、その特殊な形状によりインサートアダプターなしで使用できます。

ネジ付きロッドアダプター(M12、M16、M20)の使用

Image alternative
雄ネジまたは雌ネジ付きアンカーの試験用。
雄ネジ付きアンカーでは、アダプターが正しく取り付けられたアンカーにネジ止めします。ねじ込み深さは、ネジ直径以上とします。続いて、アダプターを直接点検装置と接続することができます。
雌ネジ付きアンカーでは、最初にネジ付きロッドをアンカーにネジ止めします。続いてアダプターを取り付けます。ねじ込み深さは、両側においてネジ直径以上とします。続いて、アダプターを直接点検装置と接続することができます。

X-IE 用アダプターの使用

Image alternative
  1. ファスナー周りの断熱材を取り外します。
  2. 引抜試験装置をアダプターとともに所定位置に取り付けます。アダプターを吸音エレメントのヘッドにおいて X-IE アダプターの 2 つのプレート間へとずらし、吸音エレメントのハンドルが完全に下側プレートの穴にはまった状態にします。
    テストを問題なく進めるには、ネジ脚部の長さを適切に設定する必要があります。

狭いスペースでのテスト

Image alternative
  1. クランクハンドルのネジを外します。
  2. これで、クランクハンドルを 22 mm のラチェットレンチ(キットに同梱されています)を使用して操作できます。
    • こうすることで、クランクハンドルを回すことができない壁面近くでの作業の際の操作が容易になります。

フレームアンカー固定のテスト

基本構造(HAT 28 Master キット)

Image alternative
  1. 旋回フットをネジ付きロッド脚部から取り外します。
  2. ネジ付きロッド脚部を取り外します。
  3. 100 mm の六角サポートをブリッジに取り付けて、手でしっかりとネジを締め付けます。
  4. 必要に応じて 50 mm 六角サポートを 100 mm 六角サポートに取り付けて、手でしっかりとネジを締め付けます。
  5. 旋回フットを端部にネジ止めします。
  6. リングアイアダプターのロックピンが、アダプターのチェーンに自動的に固定されていることを確認してください。
  7. M12 ネジアダプターあるいは M12 カップルアダプターをリングアイアダプターのネジ付きロッドにネジ止めし、リングアイアダプターをテスターのジョーにかけます。
  8. 母材が平坦でない場合は、テストを行う前に脚長さの微調整を行ってください。

足場アンカーアダプターの使用

Image alternative
  • ボルトをアダプターから取り外し、アダプターを足場アンカーの上に配置します。ボルトを再びアダプターに通し、足場アンカーまで挿入します。

HAP 2.5 テスト

Image alternative
  1. アダプターからピンを取り外します。
  2. 接続ディスクをアダプターの内側に位置決めします。
  3. 接続ディスクを介してピンを再びアダプターに挿入します。
  4. HAP 2.5 のケーブルをコネクターディスクの上に置きます。
  5. ピンを再びアダプターへ挿入します。

手入れと保守

手入れ
  • 強固に付着した汚れは慎重に除去してください。
  • ハウジングは必ず軽く湿らせた布で清掃してください。シリコンを含んだ清掃用具はプラスチック部品をいためる可能性があるので使用しないでください。
保守
  • 目視確認可能なすべての部品について損傷の有無を、操作エレメントについては問題なく機能することを定期的に点検してください。
  • 損傷および/または機能に問題のある場合は、本製品を使用しないでください。直ちに Hilti サービスセンターに修理を依頼してください。
  • 手入れおよび保守作業の後は、すべての安全機構を取り付けて機能を点検してください。
安全な作動のために、必ず純正のスペアパーツと消耗品を使用してください。本製品向けに弊社が承認したスペアパーツ、消耗品およびアクセサリーは、弊社営業担当または最寄りの Hilti センターにお問い合わせいただくか、あるいは www.hilti.com でご確認ください。
オイルの補充
    Image alternative
  • 圧力ゲージを頻繁に交換すると、オイルレベルの低下の原因となります。そのため極端な場合には、オイル量が圧力ゲージの正しい表示に必要な量を下回ることがあります。
    製品仕様
    X
    > 6 mm … < 15 mm
  • このような場合にはテスターを点検し、オイルを Hilti 修理センターで補充することをお勧めします。

搬送および保管

  • 本製品は、乾燥している場所に、子供や権限のない人が手を触れることのないようにして保管してください。
  • 本製品を長距離にわたって搬送したり長期にわたって保管した後には、使用の前に損傷がないかチェックしてください。

廃棄

Image alternative Hilti 製品の大部分の部品はリサイクル可能です。リサイクル前にそれぞれの部品は分別して回収されなければなりません。多くの国で Hilti は、古い電動工具をリサイクルのために回収しています。詳細については弊社営業担当または Hilti 代理店・販売店にお尋ねください。
Image alternative
  • 電動工具、電子機器およびバッテリーを一般ゴミとして廃棄してはなりません!

メーカー保証

  • 保証条件に関するご質問は、最寄りの Hilti 代理店・販売店までお問い合わせください。

その他の情報

Image alternative
ご使用方法、技術、環境保護およびリサイクルに関するその他の情報については、 qr.hilti.com/manual?id=2320131 のリンクをご確認ください。
このリンクは、本書の巻末にも QR コードとして記載されています。