カートに追加されました
カートに追加されました
カートに進む

建設業界における生産性とは何でしょうか。

生産性とは実際に何を意味しますか。

いわゆる「生産性の問題」は建設業界において常に議論の的です。コスト管理、法令順守、労働力の管理など、先のブログで触れた生産性に関して建設会社が直面する数多くの問題点があります。しかしながら、これらの建設業界の問題点を効果的に克服するためには、建設業界にとっての生産性が具体的に何を意味し、企業はそれをどのように測定できるかを理解する必要があります。

生産性とは何か?

単純に定義すると、生産性とは単位当たりの出力/入力の割合です。

建設業界では、通常、出力は重量、長さ、あるいは容積で表され、入力は労務費あるいは工数で表されます。

労働生産性としてよく知られている、1 人の作業員が 1 時間で達成する物理的進捗は、建設業界の生産性の全体的な計算で重視されています。

労働生産性の 2 つの最も重要な測定は、建設プロセスで使用される労働力による効率と指定された場所と時間で作業を実施するのに必要な労働力の相対的効率です。

建設事業における労働生産性を計算するには、次の質問へお答えください。

  • 20 人の作業員のグループが 1 日でどれくらいの仕事ができるか? 
  • 作業員の数が固定されている場合、仕事を完成させるのに何日かかるか? 
  • 仕事を完成させる日数が固定されている場合、期日通りに仕事を終えるには何人の作業員が必要か? 
  • より早く作業ができる機器に投資する場合、仕事のある部分を終えるのにどれくらいの時間を節約できるか?

なぜ生産性が重要なのですか?

労働生産性はほとんどの入札見積もりの基本であると同時に、成果を測定し、考察する物差しでもあります。しかしながら、労働生産性は物理的リソース、知識とスキルの能力に非常に密接に関連しています。管理が悪い工具しか利用できない労働者は、生産性の高い会社に必要な高い成果を達成できないと言っても過言ではありません。

生産性改善フレームワーク

生産性改善

労働力および物理的資産を効果的に管理できると、以下に示すような建設業界の最大の問題のいくつかを解決できます。

  • プロジェクトの予算および時間の超過。
  • 評判を棄損するリスクとプロジェクト完成の失敗。
  • 安全衛生規制への違反。 

生産性を改善する方法

技術の進歩は、労働生産性の管理を予測可能にしています。テクノロジーを組み入れる事で、事業に潜む非効率性を露呈、建設計画を改善、物理的資産の管理、従業員の時間を解放によって、全体的な収益性に改善がもたらされます。

お問い合わせ
お問い合わせ