カートに追加されました
カートに追加されました
カートに進む

建設業界における 5 つの主な問題点

それらを克服する方法

建設業界の管理上の亜大

建設業界の管理で苦労していますか? 建設業界に従事する多くの方が同じ悩みを抱えています。最近の世界的な調査によると、建設業界の役員の僅か25%しかプロジェクトを期日通りに、予算内で完遂する自信があると答えませんでした。建設事業のオーナーとして、あるいは現場管理者として、プロジェクト管理は役割のうちの一つです。ヒルティは、お客様が日々電話に追われプロジェクトを無事に完了させるのに障害となるものを管理し、軽減させようとしいることを理解しています。

建設業界でのトップ 5 の課題

労働力の高齢化および熟練労働者の不足

多くの建設会社は熟練労働者不足に直面しています。 英国の建設労働者の22%は、年齢50~60歳です。多くの人が間もなく引退しますが、新しく若い労働者をこの業界に惹きつける事は昔から困難です。

もう一つの大きな課題は、訓練を受けた熟練労働者が不足していることです。その結果、生産性の水準に大きな影響を与えています。建設業界の労働力不足を解消することは困難である一方、労働者が適切なスキルを有していなければ、高い生産性を持って働くことができません。それゆえ、既存の作業班の生産性を改善することがますます重要になっています。

安全と衛生

環境安全衛生統計によると、建設業界は英国内で最も安全衛生関係の事故が多い主要産業とのことです。これは機器のコンプライアンス、訓練、安全プロセスと手続きの欠如が原因です。

安全衛生に関する多くのコンプライアンスがあり、これらの管理をデジタル化していないという事はコストが嵩むミスに対して事業が脆弱であることを意味しています。 例えば、必須の安全衛生資格を誤って更新し損なった場合、規制当局から重い罰金を科される場合があります。あるいは、システム点検やメンテナンス間隔をうっかり見落とした場合はどうでしょうか。 施工者/作業員が安全ではない工具や機器を使用する羽目になり、それらを使用中に事故に遭った場合、重大な法的罰則を被ることになります。

プロジェクトの遅れ

プロジェクトの完成には多くの障害が伴いますが、プロジェクト管理者は建設を予定通りに進めることを期待されています。建設プロジェクトが遅れる最も一般的な理由は当初の目的を超えた範囲に拡大される要件変更にあります。変更は計画外のため、遅れを生じ、予算外のコストが嵩みます。プロジェクト管理者は変更依頼をよく評価し、実施如何あるいは実施方法を決定する必要があります。スケジュールや予算変更の影響を関係者に伝達する必要があります。しかしながら、これは必ずしも効率良く実施できるわけではなく、プロジェクトのタイムスケールや割り当てを維持することは管理者にとって悪夢となります。

技術の採用

技術革新は急速に前進していますが、本国(英国)の建設業界は生産性水準で他の業界よりも立ち遅れており、後塵を拝しています。政府は既にこの状況を認識していて、建設業界が技術を取り入れ、生産性水準の向上を目指すことを支援する運動がいくつか始まっています。しかしながら、建設会社の多くは、新しい技術に投資したり取り入れる事に苦戦しています。最近の世界的な調査によると、建設業界のデジタル化は世界で下から二番目に低いと報告されています。

予算内に収める

要件変更と同じく、隠れたコストのようにプロジェクトの予算超過につながる問題点が多くあります。保有工具にはトータルでコストがどれくらい掛かっているかご存じでしょうか。

工具の購入価格の検討に加えて、修理費、バッテリー交換、盗難などの数多くの検討すべき間接コスト、あるいは「隠れた」コストが存在します。建設現場で工具を探すのに費やす時間について考えてみてください。紛失したり、盗難にあったりして替わりの工具を新たに購入するために、お金を無駄にしたことはありませんか。これらがすべて積み重なって、事業へ数千ドル(数十万円)のコストが嵩みます。

建設会社はこれらの問題をどのようにして克服できるでしょうか。

先に触れた課題はすべて、建設事業の生産性の水準に劇的な影響を与える場合があります。建設プロジェクトを予定通り、予算通りに進め、建設現場の全体的な生産性を向上させるいくつかの簡単なステップがあります。

これらの問題点のいずれかが当てはまると思われた方が、素早く簡単に問題を克服する事をヒルティは支援します。

お問い合わせ
お問い合わせ