カートに追加されました
カートに追加されました
カートに進む

資産管理は要件変更によるプロジェクトの肥大化(スコープクリープ)を回避するのに役立ちます。

建設業界におけるスコープクリープ

スコープクリープとは、予期せぬ理由により規模と複雑さの観点でプロジェクトが大きくなる傾向を指します。スコープクリープは顧客の心変わりであるか、コストが高く付く設計のミスによるかに係わらず、プロジェクトになされた直接的な変更のみを含むという誤解があります。

しかしながら、スコープクリープは直接的な変更に留まらず、機器の故障や法令不順守による予期せぬダウンタイム、必要な人員の増加やプロジェクトの持続による宿泊スケジュールの増加など、プロジェクトを無事に完成させる上で影響のある間接的な問題点についても言及されます。

スコープクリープは建設業界と最近の産業統計で認識されている大きな問題の一つであり、建設プロジェクトの成功率を詳しく見てみると、心配な結果が明らかになります。

  • 建設プロジェクトで目標を満たしているのは僅か64%。
  • 700億ポンドの投資につき7,700万ポンドを損失。
  • コスト超過の平均は59%。
  • 時間超過の平均は74%。

このブログでは、建設業界内のスコープクリープの原因について詳しく説明し、プロジェクトを予定通りに進める能力に影響を与える最終段階の問題に対して、適切な資産管理がそのような間接的影響を最小限に抑える実用的な例を提示します。

このブログ記事は、保有工具や従業員のプロジェクトへの貢献度をあげるための知識を共有するために開発されたシリーズの一つです。

建設業界では何がスコープクリープを引き起こすのでしょうか。

公式/非公式な変更、文書化される/されないに係わらず、建設業界ではプロジェクト範囲の変更は頻繁に発生します。その理由は無数にありますが、建設会社へのダメージは甚大です。負債の増加、収益性の減少、そして何よりも評判へのダメージがあります。スコープクリープの原因は数多くありますが、ヒルティでは最も一般的な 4 つの問題点のリストを作成しました。

目標を満たす能力の欠如

あらゆるプロジェクトが成功したとみなされるために必要な 2 つの主な目標は、期日通りに予算内で提供することです。しかしながら、これはほとんど達成されず、多くの場合、世界中の建設会社は当初のプロジェクト計画を超えてしまう罠にはまってしまいがちです。

予期せぬプロジェクト変更は確かに障害となりますが、その他にも社内のごたごたは円滑な運営にとって同様に有害です。チーム間の適切なコミュニケーションの欠如と高く付く管理上のミスは、最終段階のスコープ変更と同様に容易にプロジェクトを台無しにしてしまいます。

工具や機器などの資産管理にテクノロジーを組み合わせる事で、管理者に単一プラットフォームを提供し、情報の可視化と柔軟性により、組織の部門間コミュニケーションが円滑になり、業務やロジスティクスがスムーズになります。

金銭の損失

建設業界のほとんどの専門家にとって金銭の損失と予算超過は頻繁に経験する問題です。その理由は無数にありますが、多くの場合は制御不能になるまで徐々に膨れ上がった隠れたコストです。

適切な資産管理ソリューションを取り入れると、確実にすべての機器と工具の記録が付けられ、保有資産の説明がなされます。ON!Trackによって、保有機器や工具の内容、所在、使用者、メンテナンス期限が明確になります。

これにより、現場での盗難を減らし、工具探しによるダウンタイムを抑え、証明書とメンテナンス期日の追跡により、規制を遵守できるようになります。その結果、活用していない既存の資産に対する過大な出費を避け、リソースを使い果たすことがなくなります。

プロジェクトのコスト高および超過時間

機器の盗難、紛失した資産を探す無駄な時間、検査、メンテナンススケジュールおよびスタッフの証明書の満期日に対する可視性の欠如は、すべて積み重なって、プロジェクトのコスト高と超過時間の原因となります。

安全衛生は建設業界にとって最大の課題の一つであり、多くの場合建設現場で見過ごされてしまいますが、それは機器の故障、予期せぬダウンタイム、法令不順守のペナルティおよび法的措置などによる予算超過の主要な原因となります。

資産管理ソフトウェアは、詳細なデータ管理と有効な記録により、時間超過と予算超過を克服するうえで役立ちます。資産の活用状況ならびにメンテナンスに関するレポートを分析し、作業順序、メンテナンスと検査体制を記録でき、機器工具が常に規制要件に関して最新の状態であり、使用しても安全であることを保証します。

効果的なコミュニケーションは業務フローを合理化し、建設現場をより効率化します。資産管理システムにより、機器の紛失や盗難、管理上のミスがプロジェクトに与える影響を最小に抑えることができ、コストを削減し、積極的にプロジェクトを管理し、常に期日通りに提供できます。

お問い合わせ
お問い合わせ