時速300kmを支える、スピードが鍵

アジアにおけるヒルティのソリューション

株式会社レント

日本の高速鉄道ネットワークである新幹線の最高速度は、時速300km。
その時間の正確さは伝説とも言えるほどで、標準的な遅延時間は6秒と言われています。なんと、年間で、です。
これは、強固なテクノロジーだけによるものではなく、あらゆる部分における最高品質のメンテナンスにもよるものです。

最終の新幹線から、翌朝の始発までの間のたったの4時間が、株式会社レントのお客様であるメンテナンス会社が、線路の修理作業をすることができる時間です。

そして、ヒルティは、SIW 22-Aコードレスインパクトレンチのような最適な製品を提供することにより、株式会社レントをサポートしており、既に80台の工具をご採用頂いています。

『コードレスインパクトレンチは、私たちのお客さまがこの短い時間で作業するのに必要なスループットを実現してくれるのです。そして、柔軟性の高さ、バッテリー持ち時間の長さ、短時間充電、軽量、そして最高の信頼性など、理想的な要素を備えています。』
株式会社レント、東日本支社執行役員副支社長の一色伸章さんは言います。



株式会社レント 代表取締役社長 田島潤一 様

株式会社レント 東日本支社 執行役員副支社長 一色伸章 様

さらに効率的に、さらに柔軟に、そして安全に

株式会社レントは、静岡県を本拠地にしており、タイにも関連会社を置いています。そして、主に建築関連の業種に対して、機械や建築用工具をレンタルしています。

『お客様に、製品やサービスを提供することにより、お客様が簡単に、更に効率的に、柔軟に、そして一番大事なことですが、安全に仕事をして頂けるよう努めています。』
株式会社レント、代表取締役社長、田島潤一さんはそのように説明しています。

『工具を買うか借りるかを決めるのは、私たちのお客様です。
ヒルティの直販モデルと、株式会社レントのレンタルソリューションは、お互いに補完しあう関係です。
そして、ヒルティにはフリートマネジメントもあります。これら、すべてのオプションにより、双方のWin-Winの状況になっているのです。』
日本ヒルティ株式会社、レンタルビジネスユニット、キーアカウントマネージャーの高橋秀和は語っています。

(2014.6.20掲載)





ヒルティウェブサイトをより快適にお使いいただくために、
お客様のコンピューターにクッキーを設定させていただきました。

お問い合わせ
お問い合わせ