プロフィシステムが現場の課題を解決

用水路かさ上げの公共工事

HIT-RE 500とプロフィシステム

飯山建鉄株式会社

用水路かさ上げの公共工事 3ヶ月半で約1万本のアンカー施工

Please enter alternative text here (optional)

埼玉県越谷市を拠点に50年、建築工事・土木工事の分野で公共工事を中心に数々の施工実績を重ねてきた飯山建鉄株式会社。同社は2016年に埼玉県内自治体の「用水路かさ上げ工事」入札案件を受注。

2016年7月から10月末までの約3ヵ月半の工期で、約1万本のあと施工アンカーを打設し、スケジュール通り施工を終えた。専務取締役の飯山勝司氏と、現場代理人の内海信夫氏にヒルティ製品採用の経緯や施工におけるヒルティアンカーの優位性などについて話を伺った。

インタビューの冒頭でヒルティとの出会いについて質問すると、「うちの社長がヒルティ・ファンなんですよ」と開口一番、飯山氏が満面の笑みでヒルティとの取り引きが始まった経緯について語ってくれた。

「会社を設立して間もなく、社長が仕事仲間からヒルティのハツリ機やハンマードリルを勧められ、その圧倒的なパワーや性能に魅了されて以来、今日までずっとヒルティ製品を愛用しています。」

取材開始早々にエピソードを披露してくれた。

プロが現場で使い続ける道具として、タフな要求に応えてきたヒルティのこれまでの歴史や信頼性が、建設土木職人たちに根強く支持されているのだと、営業担当の南は改めて感じた。

ヒルティは技術面のサポートが万全 そこが他のメーカーと決定的に違う

Please enter alternative text here (optional)

今回の現場は3年計画で約4kmの区間のかさ上げ工事が行われた。2016年5月に落札した区間1kmで、約1万本のアンカーを打設するために接着系注入式アンカー HIT-RE 500(500ml)と、注入のためにProfiシステムが採用された。

ヒルティ製品採用の決め手は、いったいどんな理由だったのだろう・・・。

「ヒルティさんは製品を販売するだけじゃなく、技術面のサポートが万全! そこが他のメーカーと決定的に違いますね。施工に関する提案やアドバイス、引抜試験は何度も協力してもらいましたよ。いやな顔もせずに(笑) 営業の南さんはもちろん、エンジニアの方はゼネコン出身者らしく現場の情報に明るい。本当に心強いパートナーです。」

飯山氏がヒルティに対する信頼の声を寄せてくれた。

「発注者様の仕様書を詳しく読んでみると、ヒルティアンカーを前提に仕様書ができているような印象も感じましてね。7dの試験データを公開しているのは、ヒルティさんだけだった。工期も短く仕様に沿って工事を進めるにはヒルティ製品しか考えられなかった。今回は価格面でもかなり協力していただきました。」

現場代理人の内海氏が採用に至った経緯を補足してくれた。

「引抜試験は計10回に及びましたし、専務の飯山と現場代理人の内海様、つねに両名に説明・提案などを行いながらのサポート活動でしたので、その点においては密に連絡を取り確認作業の連続でハードではありました。ですがヒルティに対して信頼を寄せてくださっているのがヒシヒシと伝わってきましたから、その信頼やご期待に応えなくてはと、自分なりに緊張感をもって仕事に取り組みました。」

アンカー施工が無事に終わり、安堵の表情を見せながら南が当時を振り返る。

施工時間の短縮・施工品質の向上 Profiシステムが現場の課題を解決

左)専務取締役 飯山勝司氏 右 )現場代理人 内海信夫氏

同社にとって注入式施工は今回の現場が初めてだったこともあり、施工時間の短縮と施工品質の均一化に対する課題に向けて、南はProfiシステムによる施工を提案した。

職人の熟練度に依存することなく施工品質を安定化させる効果が期待できる点を理解してもらい、施工に関しては技術指導も行いながら限られた工期の中で見事に工事をやり遂げることができたと内海氏は振り返る。

「RE 500は硬化時間が短いところがいいですね。夏場で1時間、冬でも1.5時間と短い。だから午前中に仕込んで午後から次の工程に進められる。ヒルティ製品は値段については正直若干高めではあるけど、品質は誰もが認めるところです。

初めての注入式施工ではありましたが、今後につながる施工実績になったと思っています。先ほども触れましたけれど、現場を知り尽くしたエンジニアのバックアップや、営業マンがフットワーク良く動いてくれるので安心して仕事に打ち込めますね。」

内海氏がヒルティを仕事のパートナーと認めてくれているのが、じつによく伝わってくる。

飯山氏によると、

「工具もそうですが、“世界のヒルティ”というような安心感があります。現場で培われたノウハウやデータを惜しみなく提供してくれるので、自信をもって仕事に向き合えます。ヒルティさんが世界中で直販ビジネスにこだわっている理由が、私たちにはよく理解できます。他社と比べると価格はたしかに高い。ですが価格に見合った品質やサービスを提供してもらっていると感じますよ。

今後もヒルティさんとは末永くお付き合いいただきたいと思っています。」

笑いながら飯山氏が語ってくれたのがとても印象的だった。

左)専務取締役 飯山勝司氏 右 )現場代理人 内海信夫氏

取引先企業データ

会社名:飯山建鉄株式会社

〒343-0002 埼玉県越谷市平方1871-3

導入製品

HIT RE 500/500ml / HIT Profiシステム

お問い合わせ
お問い合わせ