ファイヤーストップに関するFAQ

ボード・シーラント・バンド - よくあるお問い合わせ

ファイヤーストップ - 材料

番号 <材料> 問合せ内容 回答
1 セーフティボードの材質は何ですか。 セーフティボードは自然石を原料として製造された、密度180kg/m3のロックウールボー
ドで、アスベストは含んでおりません。このロックウールボード両面に耐火アクリル系樹
脂塗料を塗って製品としています。
2 セーフティボードはどのような工具で
切断できますか。
セーフティボードは1枚あたり約6.7kgで寸法は1200mm x 600mm x 50mmです。手持ち
のこぎりやカッターナイフ等で容易に切断・加工が行えます。
3 セーフティボードの表面塗装にキズがつい
たのですが、補修する方法はありますか。
セーフティボード表面の耐火塗料はセーフティシーラントと同じ成分ですので、ボード表
面の塗装部分の補修にはセーフティシーラントを使用してください。
4 セーフティシーラントの特徴は何ですか。 セーフティシーラントは耐火アクリル系シーラントです。接着力に優れセーフティボードと
開口部をしっかりと接着することができます。また経年変化で完全硬化することなくその
弾力性を保っています。
5 セーフティシーラントは市販のコーキング
ガンでも使用できますか。
セーフティシーラント(CP606)は310mlのカートリッジですので、サイズが合えば市販の
コーキングガンでも使用可能です。
6 セーフティバンドの特徴はなんですか。 セーフティバンド(CP648-S)の寸法は、170mm x 45mm x 4.5mm で成分はアクリル・
グラファイト系樹脂です。火災の際、約40倍に膨張しPF管の貫通部をふさぎ、空気の流
出入を遮断する役割をします。

ファイヤーストップ - 工法

番号 <工法> 問合せ内容 回答
1 区画貫通部にPF管がある場合、どのように
措置を行いますか。
PF管の外側ひと巻き分のセーフティバンドを巻いて表面はシーラントで措置を行いま
す。
2 PF管の端部措置は必要ですか。 PF管の区画貫通部分にセーフティバンドを巻きますので、PF管端部でケーブルとPF管
の隙間をふさぐ措置は必要ありません。
3 鋼製電線管の端部措置は必要ですか。 鋼製電線管の場合、鋼製電線管とケーブルとの隙間をセーフティボードとセーフティ
シーラントでふさぐ措置が必要となります。
4 防火区画貫通部に鋼製電線管とPF管が混
在しているのですが、ヒルティ工法で施工可
能ですか。
ヒルティ工法では鋼製電線管とPF管の混在が可能です。貫通するPF管と鋼製電線管
のサイズを確認してご使用ください。
5 開口部が丸穴形状のケーブル貫通部の防
火措置に使用できますか。
ヒルティ工法は矩形開口部での防火措置工法ですので丸穴開口部では使用できませ
ん。

ファイヤーストップ - 再通線

番号 <再通線> 問合せ内容 回答
1 再通線を行いたいのですが、施工要領書は
ありますか。
ヒルティのオンラインページから「再通線」で検索して頂くと、「施工要領書ファイヤース
トップ_壁工法(再通線)」のPDFがダウンロードできます。
2 再通線を行う際に切り取ったセーフティボー
ドの端材を再利用してもかまいませんか。
再通線の際、切り取ったボードは捨てずに保存し、ケーブル再通線後に隙間に詰めて
頂き、最後にセーフティシーラント措置を行ってください。

ファイヤーストップ - 特徴

番号 <特徴> 問合せ内容 回答
1 ヒルティ工法の耐用年数をおしえてくださ
い。
ヒルティ工法は、DIN 4102-9の試験方法により、通常の建物使用条件下では防火措
置部分の30年以上の耐火性能を保持していると認定されています。
2 空気、ガスは遮断できますか。 セーフティボードやセーフティシーラントにはメタンガスや空気などを遮断する効果があり
ます。
3 遮音、吸音効果はありますか。 ロックウールボードを使用したヒルティ工法は遮音・吸音効果があり、セーフティボード
2枚貼りでの施工では52dBの吸音効果が実証されています。
4 防曝性能はありますか。 試験方法 DIN EN 13123-1 で耐防曝性能試験を行っています。
その結果、セーフティボード2枚貼りでは1気圧の爆風に耐えることが可能です。
5 耐震性能はありますか。 最大加速度約1,625gal(阪神・淡路大震災時に神戸気象台観測地震波の約2倍)での
振動台実験で損傷がないことが実証されています。

お問い合わせ
お問い合わせ