鋲打機に関するFAQ

DX・GX・ENPピン - よくあるお問い合わせ

火薬式鋲打機

番号 問合せ内容 回答
1 火薬式鋲打機DX本体を所持して工事を行
いたいのですが、どのような手続きが必要
ですか。
火薬式鋲打機を所持する場合は「銃砲刀剣類所持等取締法」による許可が必要になり
ます。
管轄警察署へ申請し許可を受けることになります。申請から許可までおよそ1か月前後
を要します。
お客様には申請書類への記入捺印をいただく必要がありますが、委任をいただいて弊
社で手続きを行ないます。
詳しくは弊社営業担当にお問い合わせください。
2 空包を使用する際にはどのような手続きが
必要になりますか。
空包の使用については「火薬類取締法」により、消費地を管轄する行政機関への申請
許可が必要になります。
申請手続きに関してはお客様には申請書類への記入捺印をいただく必要がありますが、
委任をいただいて弊社で手続きを行ないます。
弊社社員がサポート致しますのでお問い合せください。
3 火薬式鋲打機を使用する場合、一日最大
何個の空包を使用できますか。
申請方法により下記の2通りがあります。

「譲受許可証」の場合
許可証に記載されている消費地内の同一現場において1日あたり、「赤,青,黄,緑」
(0.4g以下)の空包では400個以下、「黒」(0.4g以上)の空包では200個以下の使用が可
能です。

「消費許可証」の場合
許可された場合、申請書類の「消費計画書」に記載された1日の最大使用数量以下の
使用が可能です。申請手続きの詳細については都道府県により異なり、詳しくは所轄
官庁での確認が必要となります。
4 火薬式鋲打機で鋼材母材に打鋲する場合、
どれくらいの厚みの鋼板が固定可能です
か。
鋼板をコンクリートや鋼材に固定する場合、母材への貫入長も含めてピンの長さでカバ
ーできる範囲であれば施工可能です。
ただし固定する鋼板の厚みが3mm以上の場合は下穴加工が必要になります。

ENPピン

番号 問合せ内容 回答
1 ENPピンは認定を取得していますか。 国土交通大臣認定を受けています。(認定番号MPIN-0003)
2 ENPピンは1平米あたり、何か所打鋲する
必要がありますか。
大梁、小梁ともデッキプレートの溝部に1本で、重なり部は2本、長手方向
は600mm以下のピッチになります。詳細は施工要領書に記載しております
ので参照ください。

X-BT

番号 問合せ内容 回答
1 X-BTスタッドピンの材質とサイズを教えて
ください。
X-BTスタッドピンの材質はA4(SUS316相当)のステンレス鋼で、M6 M8 M10
の3サイズがあります。
2 X-BTが打鋲可能な鋼材母材の打鋲条件を教
えてください。

鋼材の最小母材厚は8mm以上、鋼材端部からのへりあき寸法6mm以上、X-BTの
打鋲ピッチは15mm以上になります。
母材厚4mm-8mmでも打鋲可能ですが、その場合は強度を低減させる強度計算を
行って使用する必要があります。

3
鋼材母材に開ける下穴の仕様はどれくらい
ですか。
X-BT専用のTX-BT 4/7 ステップシャンクドリルビットで、直径4mm 深さ6mm
の下穴を穿孔します。
4
X-BTを打鋲する鋲打機本体はどれになりま
すか。
火薬式鋲打機 DX 351 BT G (口径8mm) または DX 351 BT (口径10mm)を
使用します。
これらの本体を所持・使用する場合は「銃砲刀剣類所持等取締
法」による所持許可が必要になります。
5 火薬式鋲打機を使用しないX-BT工法はあり
ますか。
スタッドピンの打込みに火薬式鋲打機の代わりに充電式ドリルドライバーを使
用した「S-BT工法」が開発されました。
日本では2017年下期から導入予定です。
詳細は弊社カスタマーセンターにお問合せください。

ガス式鋲打機 GX 3

番号 問合せ内容 回答
1 GX 3とGX 3-MEの違いは何ですか。 GX 3とGX 3-MEは使用ピン、使用ガス管など基本情報は同じですが、ツールノ
ーズ先端のフレア形状が異なります。
GX 3は14.5mmに対してGX 3-MEは16.6mm
で、GX 3-MEはX-EHS W10などの設備用ファスナーのプラスチック部が固定でき
る形状になっています。
また、サポートレッグの形状も若干異なります。
2 GX 3を使用して鋼材と鋼板を接合すること
はできますか。
GX 3の場合、X-S 14 G3 MXピンを使用しますが、、母材となる鋼材の厚みは
4mm以上です。また、留め付け物となる鋼板は2mm以下です。

すなわち4mmの鋼材の上に2mmの鋼板をあてがって打鋲することが可能です。
3 ガス式鋲打機GX 3はデッキプレート敷込み
の仮留めに使用できますか。
「デッキプレート床構造 設計・施工規準-2004」で示される仮留めで要求さ
れる性能を満足しませんので、使用できません。
4
GX 3はスパンクリートなどのプレキャスト
コンクリートに使用できますか。
高強度コンクリート用としてX-P 17, 20, 24ピンがありますが、最適なコン
クリート圧縮強度を36N/mm2以下としております。スパンクリートほかPC二
次製品は圧縮強度50N/mm2を超えるため打鋲の失敗率が高くなりお勧めでき
ません。
他のファスニング方法として金属系アンカーHDI-Pを、また中空母
材では接着系アンカーHIT-HY70をご検討ください。
5
GX 3用のガス管GC40ではピンが何本打鋲で
きますか。
ガス管GC40 1本で約600本のピンが打鋲可能です。 ピン小箱1200本入りに
対してガス管2本がセットされています。
6
旧型ガス式鋲打機GX 120用のガス管やピン
はGX 3やGX 3-MEに使用できますか。
GX 120 とGX 3では、使用できるピンに相互に互換性があります。ガス管は
それぞれ専用形状になりますので、互換性はありません。

バッテリー式鋲打機 BX 3

番号 問合せ内容 回答
1 BX 3-IFとBX 3-MEの違いは何ですか。 BX 3-IFとBX 3-MEはツールノーズ先端のフレア形状が異なります。BX 3-IFの
14.3mmに対してBX 3-MEは15.8mmで、BX 3-MEはX-EHS W10などの設備用ファス
ナーのプラスチック部が固定できる形状になっています。
2 バッテリー式鋲打機 BX 3の騒音レベルは
どれくらいですか。

バッテリー式鋲打機 BX 3の場合、火薬やガスの燃焼爆発音が無くピンと対象
物の衝突音のみですので、騒音レベルはGX 3 の102dB(A) に比べ、マイナス
13dBの89dB(A)となります

*102dB(A) および89dB(A) はEN 12549測定基準で、施工要領書に基づく耳保
護パットを使用した作業者でのSound pressure level です。
 
3 バッテリー式鋲打機 BX 3 に、ガス式鋲打
機GX 3やGX 120のピンは使用できますか。
BX 3にはガス式鋲打機GX 3やGX 120のピンは使用できません。BX 3には専用の
X-S B3 (鋼材用)、X-P B3 (高強度コンクリート用)、X-C B3 (コンクリ
ート用)およびX-M6 B3 (コンクリート用M6ねじ付スタッド)をご使用くだ
さい。
4 BX 3用のバッテリー1個でどれくらい打鋲
できますか。

BX 3には22V用 リチウムイオンバッテリーを使用します。

バッテリーパック B 22/2.6 Li-ion で約250発、B 22/5.2 Li-ion で
約600発ほど打鋲可能です。

5 木製母材に打鋲できますか。
木材など柔らかい母材へ打鋲すると、ピストン駆動部へ負荷が掛かり故障の
原因となりますので、木製母材への打鋲は行わないでください。
 

全般

番号 問合せ内容 回答
1 鋼材母材に打鋲した場合の断面欠損の影
響はありますか。
鋼材母材に打鋲する場合、切削穴に対する場合より影響度合いは低いですが多少の
断面欠損の影響があります。
その影響を考慮する必要があるかどうかは設計者の判断になります。断面欠損の
影響については資料や論文がありますので別途お問い合せください。
2 DXピン/GXピンはJIS A5529
「発射打込み鋲」に該当しますか。
JIS A5529「発射打込み鋲」は2014年7月に廃止となっています。

お問い合わせ
お問い合わせ