エンド・ツー・エンドの建設ワークフロー

エンド・ツー・エンドの建設ワークフロー

BIMは設計チームだけのものではありません。

ハイテクを駆使した建設手法は、希少な資源を管理するための鍵となります。BIMを活用した設計サービスとデジタル化された建設機器によって、設計、建設、ファシリティーマネジメントに関わる全ての人が、非常に効率的なエンド・ツー・エンドのワークフローにアップグレードすることができます。

ここでは、建設前、建設中、建設後にエンド・ツー・エンドのワークフローによって生産性が向上した例を紹介します。

エンド・ツー・エンドの建設ワークフロー

エンド・ツー・エンドのワークフローの利点

設計段階

  • バリューエンジニアリング
  • 干渉の検出
  • マルチディシプリンソリューション

建設段階

  • プレファブ
  • 物流の透明性
  • BIMから現場へ:効率的な現場レイアウト
  • デジタル化されたドキュメント/バリデーション

建物の運用

  • オペレーションの準備
  • メンテナンス管理
  • 現場からBIMへ: as-built ドキュメント
  • オペレーションの最適化
50 %

最大
材料費の削減

50 %

最大
工期短縮

0 x

現場でのエンジニアリング判断
事前計画による

4-6 週間

潜在的
労働力の削減

設計段階

BIMとエンドー・ツー・エンドのプランニングで設計を最適化

Mechanical, electrical and plumbing systems installed in the same strut trapeze structure, thanks to BIM tech integration in construction

複数の設備業者の支持架台を共通化し最適化することで、材料費の削減及び迅速な施工を実現

BIMで、着工前に全ての設備設計が一元的に計画されている場合、共通支持架台の実現が可能です。材料を節約し、現場での判断を減らし、建設期間を短縮することができます。

Architect, engineer or project manager using BIM (building information modeling) due to tech integration in construction

バリューエンジニアリング–より安全で効率的な建物のために

お客様のプロジェクトのニーズに合わせて設計致します。例えば、設備支持の標準化、設備のユニット化、柔軟に変更可能な設備架台など、優先事項があれば、それに特化した最適化した提案を行います。

BIM used to avoid clashes between pipes and cables on construction sites

MEPサポートの干渉検知 - 現場での即興的な解決を避けるために

現場での施工開始前に干渉の可能性を確認し、現場での判断を避けることができます。BIMの3Dビジュアライゼーションにより、着工前から設計の最適化が容易になります。

Construction worker using BIM-compatible layout tool to locate building elements on a jobsite

現場からBIMモデルを作成し、信頼性の高いドキュメントを作成

古い既存の建物を扱う場合、入手可能な情報は限られています。壁、床、天井、設備要素の現場での測量結果をレイアウトツールからBIMモデルにインポートすることが可能です。

建築段階

現場をスケジュール通りに進めるためのBIM活用法

Offsite pre-assembly and prefabrication services are much simpler when working with BIM

プリアセンブルやプレファブのサービスがシンプルに

キッティング、カット、プレアセンブリ - 時間と労力の節約

詳細なBIMモデルがあれば、設備支持材のプレファブへの道が開けます。組立図はBIMモデルより簡単にエクスポートでき、切断、プリアセンブル、梱包のための面倒な準備作業が不要になります。

ビデオを見る
Construction site logistics simplified by BIM and E2E workflows

BIMとエンド・ツー・エンドのワークフローで建設現場の物流を簡素化

高度なロジスティクス - いつ、どこで、を常に把握

エンド・ツー・エンドでデジタル化されたワークフローに切り替えると、製品を出荷し現場までの追跡がより正確に行えます。適切な材料が、適切なタイミングで、現場の適切なエリアに届けることが可能です。

ビデオを見る
Two workers onsite using a Total Station layout tool and BIM-ready tablet to position MEP supports

レイアウトツールとBIM対応タブレットで設備支持架台をレイアウト

BIM-to-Field - 高速現場レイアウト

BIM-to-Fieldでは、墨出し位置、アンカーチャネル/防火スリーブなどキャストイン製品の設置位置決めを行います。高度なレイアウトツールは、タブレットにデータを読み込ませ、現場にて指定した墨出し位置にレーザーを照射します。キャストインソリューションは、省力化、設置後の柔軟性、作業工程の削減により、生産性を大幅に向上させます。

Jobsite Manager keeping track of operations using a mix of digital and physical information

デジタルと物理的な情報を組み合わせて作業状況を把握

検証 - 仕様通りに施工されたことを証明

BIMモデルはどこに何を設置するべきかを示し、関連する検査記録をモデルにリンクすることで、より簡単に記録を残すことが可能です。AT-Moduleを搭載したインパクト・ドライバーのようなツールや、Firestop Documentation Managerのようなソフトウェアを用いることで施工時の検査記録を自動的に保存できます。

ビデオを見る

運用段階

ビル管理におけるBIMのメリット

BIM used on a mobile device for paperless as-built documentation of a building

現場からBIMへ - 正確で完全なAs-Builtドキュメントの作成

建物が稼働した後は、高度なレイアウトツールや、埋設物探査機を使用して、BIMモデルを最新の状態に保ことができます。これらのツールにより、現場改修時のデータを取得し、BIMモデルに統合する方法を提供します。

Firestop Intumescent sealant documented using BIM-compatible software integrating technology in construction work and facility management

検証と運用の準備

建物の安全管理責任者は、維持管理の過程で多くのペーパーワークを行っています。埋設物探査記録/防火区画の施工記録などをBIMデータとして残すことで、建物のライフサイクル全体でAs Builtデータを活用し、安心して建物の維持管理を行うことが出来ます。

BIM virtual simulation - called digital twin - using augmented reality as a high-tech construction method which also benefits facility managers

スムーズな運用のための設計

プロジェクトの初期段階でヒルティとパートナーを組むことで、運用要件を設計に組み込むことができます。ライフサイクル全体の最適化、特に居住中の建物の効率的な管理を目指した提案を行います。

ヒルティのBIMデザインサービス

設計の早い段階でヒルティとパートナーを組むことで、材料費の削減、据付時間の短縮、現場判断の削減が実現できます。ヒルティのBIMサービスを利用すれば、現場での後戻り作業、現場判断を減らすことができます。設備支持材の計画を例に挙げます。BIMでフロントで計画していない場合は、無数の支持材を各業者が現場で個別に計画します。一方、BIMでフロントで計画をしていれば、全ての設備架台を最適化し、共通で使用する支持架台を計画することが可能です。

Hilti engineers discussing a MEP project as the first step in an end-to-end BIM workflow

1. 設備支持設計の最適化をコンサルティング

プロジェクトの出発点を明確にし、設備支持の概念設計を実施し最適化されたソリューションを提示します。

成果物:

  • プロジェクトのセクション分け
  • 設備支持材を最適化する設備ルートの提案
  • 設計/BIMモデリングの積算
BIMフレームワークサービスの説明 (英語)
Two Hilti engineers collaborating on BIM design

2. 設備支持架台(耐震支持/自重支持含む)の設計

繰り返しの多い標準的な支持架台及び特殊形状の支持架台の設計を行います。

エンジニアリングレポート

成果物: 

  • 設計ソリューション提示
  • 構造計算レポート
BIMデザインコアサービスの説明 (英語) BIMデザイン特有のサービス内容 (英語)
A Hilti engineer modelling MEP supports in BIM

3. BIM モデリング

設計した設備支持をお客様のBIMモデルに統合します。再設計が必要な場合は、お客様の設備モデルと調整を行います。

成果物:

  • 設備支持の BIM Model
  •  BOM(材料集計表)の作成
  •  干渉及びタスクマネジメント
BIM モデリングサービスの説明(英語)
Hilti engineer onsite with a customer with shop drawings in the foreground

4. BIMデータ出力

施工プロセスへスムーズに移行するために、BIMモデルを活用します。

成果物

  • BIMモデルから組立図、施工図、平面図出力
  • カスタマイズした材料集計表
  • レイアウトツールへのデータ(墨出し座標データ)
  • 切断/プリアセンブル/梱包サービスの提案
BIMデータ出力サービス(英語)

BIMと連動した製品/機器にて時間と労力を削減

Hilti firestop cast-in sleeves for cables and pipes being placed on concrete slabs after laying them out in BIM

キャストインスリーブ

ファイヤーストップ用キャストインスリーブ

キャストイン製品は、ボックス型枠形状のスリーブかつケーブル/配管貫通部の防火区画処理の両方の機能を持つ製品です。BIMモデルに組み込むことが可能です。耐火ボード及びフォームでの処置が不要なため、大幅な省力化が可能です。

Revit®ファミリーのダウンロード
Layout tool (robotic total station with BIM capability) used for locating building elements on construction sites

レイアウトツール

最新のレイアウトツール

ヒルティの最新のレイアウトツールは、データをタブレットで読み込み。デジタル化されたツールにアップグレードすることで、現場の墨出し作業を一人で行うことを可能にし、また作業を迅速に行うことが可能です。

High-tech power tool for automatically installing bolts with exactly the right torque for approvals

ハイテク電動工具

アクティブ・トルク・システム

AT-Moduleを、対応するインパクトレンチに装着することで、あと施工アンカーの施工時のトルク管理及び検査時のトルク確認を自動的に行うことができます。また、施工データを保存して、検査報告書として活用することもできます。

ヒルティとの連携

エンド・ツー・エンドのデジタル化がお客様のビジネスにメリットをもたらします

設計チーム以外にBIM活用を拡大する方法を紹介します。新しい技術/機器/プロセスを活用することで、お客様のワークフローを一つのまとまったエンド・ツー・エンドに統合し、労働力、時間、管理及びエラーを減らすことができます。