グレーチングとチェッカープレートの鋼材への留付工法

耐蝕性および耐振動性グレーチングファスナー

グレーチングとチェッカープレートを鋼材へ留付けるヒルティの留付けソリューション

鋼構造へ固定するグレーチングファスナーを選択する際に、腐蝕と振動は 2 つの重要な検討要素です。 鋼製グレーチングとチェッカープレートは幅広いアプリケーションで使用されます。 その多くは、発電所、石油およびガスプラント、競技場およびコンサートホール、倉庫や造船所などの大規模な建物で使用されます。 それらはまた、歩道橋、アクセスプラットフォーム、階段および通気口などの小規模の建設プロジェクトでも使用されます。

ヒルティのグレーチングファスナーを使用する利点

ヒルティの鋲打テクノロジーは、クランプ、溶接、通しボルト工法の代替工法です。 専門の溶接技術者を雇用したり、屋外作業の場合にはケーブルや雨天での溶接について心配する必要はありません。

クランプが振動により緩むリスクを回避でき、裏側へアクセスする必要なく、施工面だけで作業できます。 ヒルティのグレーチングファスナーには、各種試験が実施されています。

ヒルティは 15 年以上にわたり、陸地および沖合の最も過酷な複数の現場にソリューションを提供しています。 ヒルティのすべてのファスナーは、認証を取得しています。

ヒルティはグレーチングを鋼材へ取り付けるファスナーを幅広く提供しています。

  • 腐蝕から保護 - C1 (非腐蝕性)、C3 (中程度の腐蝕性) および C5 (高程度の腐蝕性)の 環境向けに設計されたファスナー製品群から状況に応じてお選びください。 
  • 振動から保護 - ヒルティ S-BT セルフタッピングおよびヒルティ X-BT 直接留付工法を含む、様々な鋼材への留め付け方法からお選びください。 
  • 片側だけで施工– ヒルティのファスナーは梁や通路の両側からアクセスする必要がなく、修理や点検が容易に行えます。
  • 滑らない丸形ヘッド - グレーチングとチェッカープレートの上を安全に歩けるように設計されています。
  • 幅広い製品群 - ヒルティは様々なサイズのグレーチングとチェッカープレート向けに様々なファスナーを提供しています。   

溶接、クランプ、通しボルトと比較したヒルティのファスナーをご覧ください。

ヒルティのソリューションが鋼材へ直接留付ける様子をご覧ください。

1 / 3
ヒルティ X-BT 直接留付工法

ヒルティ X-BT 直接留付工法 – 母材の背面または表面を損傷することなく、ブラントチップを用いてコーティングされた鋼材へ留付けるために設計されています。 これは中程度および高程度の腐蝕環境 (C3, C5) 向けに設計されています。

2 / 3
ヒルティ X-GR シャープチップ直接留付工法

ヒルティ X-GR シャープチップ直接留付工法は、グレーチングを鋼製母材に直接固定するワンステップのソリューションです。 これは中程度の腐蝕環境 (C3) 向けに設計されています。

3 / 3
ヒルティ S-BT セルフタッピング工法

ヒルティ S-BT セルフタッピング工法は、ねじファスナーであり、ブラントチップを使用して設計されています。 ブラントチップテクノロジーと一体型ワッシャーは、コーティングされた鋼母材を腐蝕から保護します。 これは中程度および高程度の腐蝕環境 (C3, C5) 向けに設計されています。

高程度の腐蝕環境 (ステンレス鋼-C5)

中程度の腐蝕環境 (溶融亜鉛メッキまたはステンレス A2-C3)

非腐蝕環境 (C1)

鋼材への留付け選択ガイド

製品選択ガイドを使用して、お客様の要件に合った最適なソリューションをお選びください。

選択ガイドを使う

エンジニアリングサポート

お客様は世界規模のエンジニアリングサービスをご利用いただけます。

エンジニアに相談

エンジニアリングデザインサービス

ヒルティのエンジニアリングデザインサービスについての詳細情報はこちら

カスタマーサービスへのお問合せはこちら