さまざまな工事で活躍する探査機

探査機が使用される代表的な用途をご紹介します。

Hilti detection systems typical applications

現場での施工中、コンクリートなどの穿孔中に埋設物と干渉してしまうことはありませんか?

ヒルティの探査機をご使用いただくと、パイプ、活電線、鉄筋を探知し、穿孔、コア抜き、切断時に埋設物との干渉を避けることができます。ヒルティの探査機はコードレスで取り回しが良く、衝撃、埃、水に強く、それぞれ特定の用途に適した製品ラインナップをご用意しています。

  • コンクリートなどの母材中の金属・非金属製の埋設物の探知
  • 鉄筋を非破壊で検査、コンクリートのかぶり厚さ、鉄筋の位置と径の推定
  • 金属・非金属製のパイプの探知
  • 活電線の探知
  • 木材、PC鋼線、梁の位置などの探知
  • 特に橋やトンネルで複数の埋設物の探知
  • 貫通穴出口の探知、母材厚さをもとにドリルビットの長さを決定

これらの機能により、埋設物の干渉やドリルビットの損傷リスクを最小限に抑えます。 

技術者に相談

代表的な探査機の用途

ヒルティ PS 250 ふぇろスキャン探査機システム

構造解析

ヒルティPS 1000 X-スキャン 探査機システム

コンクリートの穿孔、コア抜き、切断

Hilti PS 200 Ferroscan detection system

建築物の引渡し時の検査

ヒルティ PS 1000 X-スキャン 探査機システム

耐震補強

ヒルティの探査機とソフトウェアには多くの利点があります:

  • 非破壊で検査。
  • 電線やPC鋼線を切断してしまう事故を未然に防ぐことができ、安全に作業。
  • 構造物の損傷や補修リスクを減らし、現場の生産性を向上。 

非破壊での構造解析

Hilti PS 250 Ferroscan System and PSA 200 Tablet

ヒルティPS250 フェロスキャンシステムは鉄筋検査と非破壊での構造解析に最適な機能を備えています。

Ÿ既存の構造物を破壊せずに埋設物の位置を検知し、鉄筋径を計測。

Ÿ同様に非破壊で広範囲のコンクリートを素早く簡単に検査。

PS250 フェロスキャンをご採用頂くと、現場で2D3Dで解析結果を探査機のディスプレイに表示し、その場でマーキングが可能。詳細な解析が必要な場合は分析用ソフトウェアPROFIS Detectionお勧めします。

 

穿孔、切断、コア抜きの前に埋設物を探知

施工時の干渉を防ぎ、高額な補修と損失を防ぐには、穿孔、切断、コア抜きの前に埋設物を探知する必要があります。

  • 鉄筋:鉄筋を切断しまうと、ドリルビットを損傷してしまうだけでなく構造物の強度も損なわれてしまいます。
  • PC鋼線:PC鋼線を切断してしまうと、構造物の安定性や建設物の安全性が損なわれてしまします。人命すらも危険にさらされてしまいます。
  • 電線:電線と干渉してしまうと、施工者が感電し、場合によっては命を落としてしまうこともあります。
  • 配水管:配水管と干渉してしまうと、漏水により建物が傷んでしまいます。
  • メッシュ筋:メッシュ筋、アンカー、そのほかの埋設物と干渉してしまうと、高額な補修と損失が発生しかねません。

これらの用途に向けて、ヒルティは次のような製品を取り揃えています。

PS 50 マルチ探査機
PS 50 マルチ探査機

探査深度15㎝までさまざまな母材中の埋設物を探し出します。PS 50 マルチ探査機は鉄筋、金属またはプラスチック製パイプ、電線、木材等を探査します。

詳細はこちら
PS 250フェロスキャンシステム
PS 250フェロスキャンシステム

非破壊で鉄筋を見つけ、鉄筋径とコンクリートかぶり厚さを推定します。

詳細はこちら
PS 1000 X-スキャン 探査システム と PSA 200 タブレット
PS 1000 X-スキャン 探査システム

広範囲を探査し、複数層の母材中の電線やPC鋼線など金属製・非金属製の埋設物を探知します。

詳細はこちら

製品デモのリクエスト(無料)

現場での実演、製品の詳細をご希望の方はヒルティの担当者あるいはカスタマーサービスにお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ