穿孔箇所を探査

PX10トランスポインター

Hilti PX 10 Transpointer detection system

ヒルティPX10トランスポインターは、壁、床、天井を穿孔する前に、貫通穴出口と入口を正確に位置決めすることができます。

PX 10 T トランスミッターとPX 10 R レシーバー、傾斜アダプターから構成されており、ご採用頂くことで、貫通穴出口と入口、穿孔の角度、母材の厚さと必要なドリルビットの長さを決定することができます。

PX10 T トランスミッターはレンガ、木材、コンクリート、鉄筋コンクリートを透過する磁場を使用しており、PX10 R レシーバーを母材の反対側に配置することで上記を評価します。

PX10トランスポインターの特長

Hilti PX 10 Transpointer detection system
  • 素早く効率的な穿孔の実現 :

    • 床などへの穿孔時に、穿孔方向の自由な選択が可能
    • 孔位置の間違いに伴う断熱材や被覆の損傷を防止

 

  • パイロット穴や試行錯誤が不要になり作業効率向上
  • 上向き穿孔が不要
  • 壁や床の反対側への墨出しが可能
  • 簡単で分かりやすい操作

製品デモのリクエスト(無料)

現場での実演、製品の詳細説明をご希望の方は、下記のリクエストフォームからご依頼いただくか、弊社担当者、あるいはカスタマーサービスにご希望の旨をご連絡ください。

技術担当者に相談

お問い合わせ
お問い合わせ