カートに追加されました
カートに追加されました
カートに進む

広範囲な非破壊検査に最適

PS 250フェロスキャン探査機

Hilti PS 250 Ferroscan detection system

ヒルティPS 250フェロスキャンシステムは鉄筋の径とコンクリートかぶり厚さを推定する機能があり、非破壊で構造物の検査を行うことができます。広範囲なスキャンが可能なため、特にコンクリートスラブ、梁、橋やトンネルの検査に有効です。

簡単にスキャン結果をみることができ、高解像度のタブレット端末上で2D・3Dで表示可能。スキャンデータをノートパソコン等に取り込み、解析用ソフトウェアPROFIS Detectionで詳細に解析、報告書を作成し、3D CADソフトウェアに読み込ませることできます。

PS250フェロスキャンシステムは、改修、増築、耐震補強、アンカー留付等を強力にサポートする非破壊検査ソリューションです。

 

PS 250フェロスキャンシステムの特長

Hilti PS 200 Ferroscan detection system
  • 広範囲のコンクリートを素早く簡単に探査
  • 鉄筋を探知し、鉄筋径を推定
  • コンクリートかぶり厚さを最大10㎝まで測定
  • スキャンデータを最大30mまで記録
  • 現場での解析には、高解像度のPSA200モニター上で明瞭な2Dまたは3D画像を表示
  • 現場で音声メモを録音し、後の詳細な解析をする際に参照可能
  • スキャンデータをノートパソコン等に取り込み、PROFIS Detectionで詳細に解析、報告書を作成し、データをほかのCADソフトウェア向けにエクスポート

PS 250フェロスキャンシステムの代表的な応用例

  • 竣工検査や耐震補強工事の際に行う鉄筋の検査と解析
  • 既存構造物の補強工事、竣工検査などの際に行う広範囲におよぶコンクリートかぶり厚さ評価
  • 工事中に鉄筋との干渉を未然に防ぎ、高額な補修と損失リスクを低減

技術担当者に相談

スキャンモード

イメージスキャン ー 鉄筋の位置、径、コンクリートかぶり厚さを評価

鉄筋の位置、径、コンクリートかぶり厚さを評価する際はイメージスキャンを使います。鉄筋の強度を評価し、構造物の損傷を防ぐ助けになります。

ブロックスキャン ー 鉄筋の配置を評価

ブロックスキャンは最大で180㎝四方の鉄筋配置の概要を探査する際に使用します。イメージスキャンと同様に、鉄筋の位置と径、コンクリートかぶり厚さも評価できます。

クイックスキャン ー1方向の探査を1度に

クイックスキャンは最長で30mの探査を1度に行います。最大で10㎝のかぶり厚さと鉄筋の位置を確認することができます。このモードはコンクリートかぶり厚さが極めて重要で品質管理のために記録が求められる、橋やトンネルで特に役立ちます。

製品デモのリクエスト(無料)

現場での実演、製品の詳細説明をご希望の方は、下記のリクエストフォームからご依頼いただくか、弊社担当者、あるいはカスタマーサービスにご希望の旨をご連絡ください。

お問い合わせ
お問い合わせ