ダイバーシティがあり、キャリア形成のプラットフォームを提供してくれる職場

何殊維(He, Shuwei)|営業本部/営業マネージャー・キャリア採用

自分の強みである語学力と国際経験を活かせるダイバーシティのある会社

私は中国の出身で、10歳から日本で暮らしています。前職は日本の大企業だったため、社内はもちろん、海外とのコンタクトも現地日本人駐在員がいるという状況で、常に日本人の視点で仕事をしており、そのため、私自身も日本人の視点で物事を見ることが普通になり、違った視点で物事を見ることができなくなりつつあると感じていました。将来的にはグローバルでのキャリア形成をしたいと考えていた中で転職を考えるようになり、ヒルティと出会ったのです。

語学力と国際経験を活かせる場所が世界にある

ヒルティに転職し、その後、香港で働く機会を得ました。そこでは、北アジアのリージョナルプロダクトマネージャーとして、担当製品の戦略立案、市場導入、及びポートフォリオ管理を行っています。異なる文化や、様々な背景を持つメンバーに対して、方向性を示してビジネスを行っていくことは、多くのチャレンジがありますが、そこを乗り越えて結果を出していくところにもまた、面白さも感じます。
前職では、自分の希望で海外勤務をすることは大変稀でしたし、ヒルティほどスピード感を持ってキャリア形成ができるシステムはありませんでした。このようにヒルティで自分の希望に即したキャリア形成ができるということは、仕事のやりがいにつながっています。またヒルティは会社の方向性が明確に示されており、定期的に業績の報告と方向性についてのビジネスアップデートが全社員に行われています。そのためチーム内での一体感の強さを感じながら仕事もでき、またサポートしてくれる上司も多く新しいことにチャレンジする際には建設的なサポートがあることはヒルティの魅力だと感じています。

裁量が大きく自己責任も重大 その分大きな喜びがある仕事

ヒルティでは仕事における裁量がとても大きいと感じます。もちろんその反面、問われる責任も重くなりますので、そのプレッシャーは大きいのも事実ですが、自分の責任で、担当する製品がいかにお客様の役に立っていくか、そういったプランを立て、実行することはとてもやりがいがあります。

特にヒルティは直販のため、お客様の声が営業を通じて直接入ってきます。直接市場の声が聞こえ、自分の仕事がいかに役に立っているのかということを直接感じることが出来るのは仕事をする上での喜びです。ヒルティは様々なバックグラウンドを持つ方々が働く職場ですし、自分と異なる視点に出会うことは大きな成長につながっていると思います。今後は、海外赴任で培ったスキル、経験、知識を活かし、よりハイレベルな視点から顧客の満足度を高め、今後の日本におけるヒルティの市場シェア拡大にさらに貢献してきたいです。

 

 

 

取材:2020年

現在募集中の職種はこちら

ヒルティでのキャリアをお考えですか?