男女関係なく、お互いを助けるチームワークがヒルティの文化

水谷素子(営業本部・営業マネージャー・キャリア採用)

私自身のキャリアは、直行直帰の営業から始まり、その後人材育成コンサルタント会社でトレーニングなどをカスタマイズして販売する法人営業職に就きました。そこで、マネジメントとは何かを体系的に学ぶことができ、その後のキャリアで営業マネージャー職に就いてまいりました。ヒルティとのご縁も、直行直帰の営業と、営業マネジメントという2つの観点で、自分のキャリアを一貫した方向性で伸ばせる機会でした。

Please enter alternative text here (optional)

ベテラン揃いの東北営業課での初の女性営業マネージャー

ヒルティ初の女性マネージャーと当初はいろいろな方が心配されたかと思います(笑)。確かに、業界や製品は知らない物でしたので、それらの知識に対する不安がなかったわけではありませんが、マネジメントという観点では、逆に新しい土地でチャレンジができるとワクワクしました。

むしろ、東北営業課のメンバーの方が「本当に女性のマネージャーで大丈夫なの?」と不安だったのではないでしょうか(笑)。東北営業課のメンバーは、ベテランが多く、長い人は何十年と変わらず、真面目に一軒、一軒お客様を訪問しています。私はそんなヒルティの価値観、「誠実」をそのまま実行している東北営業課のメンバーを本当にすごいと思い、尊敬しましたし、共感できました。また、みなさん、たとえ上司であっても、私が製品や業界のことを理解できるように本当に親身になって教えてくれました。

 

女性だからではない、チームメンバーとして支えてくれるヒルティの同僚たち

建設業界は初めてで、分からないことはたくさんありました。ですが、「分からない」と助けを求めると、上司だけではなく、本社の同僚や営業マネージャー仲間が助けてくれました。ヒルティにはそういう、常に一歩前に出て、自分の範疇を超えても仕事をする文化と、同僚を助けるチームワークがあります。もちろん、私自身も業界、アプリケーション、製品の知識を自ら得ていく努力をしました。これは、女性だからということではなく、男女関係ない心強いチームワークであり、女性マネージャーとしてのバリアを感じることは一切ありませんでした。

更に女性が活躍できる職場に

営業本部に女性が増えてきました。ですが、まだ女性の営業メンバーで産休を取った人はいません。私の次のチャレンジは、出産、育児と仕事を両立できるサポート体制を会社と作っていくことです。もちろん、これも女性だけということではなく、男性も育休を取れる体制を作っていきたいですね。そして、出産、育児をして、また職場に戻ってくることができる、そして、さらに上を目指せる職場を作ることが目標です。女性のみならず、自分のポテンシャルにまだ気付いていないメンバーもいます。そういった人にそのポテンシャルに気付かせてあげること、そしてそのポテンシャルを伸ばす機会やきっかけを作ること、それがマネージャーとしてのミッションだと思っています。

現在募集中の職種はこちら

ヒルティでのキャリアをお考えですか?

お問い合わせ
お問い合わせ