カートに追加されました
カートに追加されました
カートに進む

2018年、日本ヒルティは創立50周年を迎えました

ヒルティコーポレーションの創業は、1941年。リヒテンシュタインで、マーティン・ヒルティが創業しました。

日本でヒルティが創業したのが、それから27年、1968年のことです。当時の社名は、日本ヒルティ販売株式会社と言いました。2018年の今年は、創立50周年となります。

この機会に、創立50周年企画として、ヒルティの歴史を知るさまざまな人からお話を伺い、日本ヒルティの歴史を振り返りながら、これまでヒルティが起こして来た革新をご紹介してまいります。 

ヒルティ黎明期
第1回 低速鋲打機で現場を効率化した、ヒルティ黎明期

高度経済成長j期の1970年代、ヒルティ安全鋲打機DX100型は、製鉄の現場の効率を向上しました。

詳細はこちら
第2回 1部 鉄砲屋から総合ファスニングメーカーへ

日本最初のハンマードリルTE 17は、現場の穴あけの方法を変えました。当時の製品導入を担当したOBにお話を伺いました。

詳細はこちら
本当に壊れないTE 17
第2回 2部 本当に壊れなかったTE 17

TE 17をお使いいただいた当時のお客様は、どのような感想を持たれていたのでしょうか。今でもTE 17を保有されているお客様にお話を伺いました。

詳細はこちら
懐かしいヒルティ第一工場前(当時のヒルティロゴマークはオレンジ色であった)
第3回 あと施工アンカーの方向性に確信を持ったヒルティ本社訪問

今回お話を伺ったのは東京理科大学名誉教授、工学博士の松崎育弘氏です。

詳細はこちら

Log in to proceed
サポートをご希望ですか? お問い合わせ
新規オンライン設定はこちら
お問い合わせ
お問い合わせ